Ha-ru とは?

一般社団法人グリーンフードセラピー協会

 

㈳グリーンフードセラピー協会では「ハール」 という新しい食事スタイルを提案します。ハールはアイヌ語で“豊かな食の恵み”という言葉が基で、それに食改善が長ーく続くようにという願いを込めて真ん中に伸ばし棒「ー」を入れた造語です。

巷にはローフード(生菜食)、マクロビオティック(玄米菜食)、アーユルヴェーダー(スリランカの医療食)、などがありますが、どれも良くてどれがダメというものはありません。日々変化する栄養学では今日推奨されていた食のスタイルが、明日には推奨されない食になるかもしれません。

ハールはあらゆる菜食スタイルのすべての要素を持ち、自身の体にあうように自然の恵みをいただくことで体調改善することを目指します。

それぞれ異なる体には、それぞれ合う食のスタイルも異なります。

ハールは自身の体の声に傾け、地球がくれた自然の恵みがもつ栄養に感謝して、健康で笑顔溢れる世界づくりに貢献していきます。